ト-タル寝具ショップ 
      
  

8%         33%         44%            15%

頭部         胸部         腰部            足部




?






 




                   敷布団に、掛かる体圧の分布

 人が寝た時に、敷布団に掛かる体圧の分布として、一般に その体の部位に占める重さの割合は"頭部 8% · 胸部 33% · 腰部 44% · 足部 15%” と、云われています。 使用する方の体重や体型等により多少異なりますが、それでも全体の 75%~80% は、肩口から腰部にかけて 大きな比重が掛かります。


 寝ちがいの原因の多くは、寝具が不適当な場合に起こりやすいものです。

 やわらかすぎる敷布団や布団の中央部分がすぐに凹んでしまう敷布団でも体圧が不均衡になる為 よじれた体勢になりやすく、筋肉の一部分が引きずられ、また一方の筋肉は圧迫されるという不自然な体の状態になり、急に無理な動きが加えられると寝ちがい等を起してしまいます。

 又、枕が高すぎる場合、睡眠中 ずっと首を前に突き出した格好になってしまう事で、筋肉の緊張状態が続き、寝返りをして急に首を動かした時等に、筋肉が引きつって寝ちがい等を起こす事もあります。

 寝ちがいを防ぐためには、敷布団と枕の高さがバランス良く保たれ、無理のない正しい寝姿勢がとれるものでなければなりません。


 上向きになって背骨が真っ直ぐになっている姿勢が、一番寝心地がよく熟睡出来る事が、生理学研究から分かっています。
 背骨がよく伸びた状態での睡眠は、血液の流れが阻害されないため、体細胞への酸素供給が良く、疲労回復もよりよく成ります。

 最近は、肩こりや腰痛を訴える方が非常に多く見受けられます。
前かがみの悪い姿勢や習慣化した悪い姿勢の為、背骨がゆがんで圧迫されたり、血流が悪くなって、こりや痛みが出たり、内蔵を圧迫させ、内臓疾患にもかかりやすくなってしまいます。

 正しい睡眠の姿勢は、昼間に重い頭を支えてくれた疲れた背骨を休め、体の機能を調整し、寝ながらにして背骨を矯正する事が出来ます。

 正しい睡眠姿勢をとるためにも、質の良い快適な眠りを実現して頂くためにも、弾力性・保温性・通気性・吸湿性・排湿性の全てを最もバランス良く持ち合わせた、環境に優しい植物性の健康寝具、[マイスター製作の手作り木綿布団]  お勧め致します。

(左側)              (右側)

新しい敷布団        7年間使用した敷布団           

(左側)              (右側)

新しい敷布団        3年間使用した敷布団           

 特に、敷布団の場合は、一年を通じて毎日 使用するものですから、知らず知らずのうちに、「気がついたら ペッチャンコに なっていた 」 という経験を、皆さんは お持ちのことと思います。 理想の敷布団と言われる [木綿わたの手作り敷布団] の場合でも、お手入れ時機 というものが あります。[ 敷いて 3年、 着て(掛けて) 5年 ] という 言葉を聴いた事の有る方は、いらっしゃいますか? 昔から、お手入れ時機の目安として、[千夜一夜の お手入れ] といって、毎日使用する敷布団では、1000日に一度(約3年 *掛け布団では、約5年仕立て直しをするのが、理想とされて来ました。 これは、平均的な睡眠時間である 7時間~8時間のあいだ、毎日、日本人の 平均的な体重である ところの、60kg~70kgの重さが加わるとすると、粗1000日で 中わたが ヘタリ出し、理想的な硬さや バランスが、崩れだす時機となります。それ以上(敷布団で3年以上)使用していると、その硬さに使用している方の体が慣らされてしまい、固い布団でないと眠れなくなり、その結果 腰痛を引き起こしたり、肩や腰の筋肉を刺激してしまい、眠りも浅くなり、疲れが取れ難くなって しまいます。 熟睡して、快適な睡眠を取るには、寝た時に、背骨を真っ直ぐに伸ばすことの出来る、適度な弾力性が必要なのです。 人間の背中は、真っ平らでは 無いのですから···。

下の図は、新しい敷布団  3年間使用した敷布団、そして、腰痛を引き起こしやすくなった 7年間使用した敷布団 です。

敷布団で3年以上使用していると、その硬さに使用している方の体が慣らされてしまい、固い布団でないと眠れなくなり、
その結果 腰痛を引き起こしたり、肩や腰の筋肉を刺激してしまい、眠りも浅くなり、疲れが取れ難くなって しまいます。 
熟睡して、快適な睡眠を取るには、寝た時に、背骨を真っ直ぐに伸ばすことの出来る、適度な弾力性が必要なの
です。

MENU

Top page



卓越技能章・現代の名工
 全技連 マイスター
 東 京  マイスター
厚生労働省ものづくりマイスター
 一級寝具製作技能士
           野 原  久 義