定期的な お手入れの方法     布団の仕立て直し

毎日使用している布団や長年しまいっ放しにしてある布団等は、徐々に中綿の繊維が劣化し、中綿が固まり温かみが無くなってしまいます。
新しい側布地に替え、中綿の打ち直しをして新しい綿(足し綿)を加えるか、ポリエステル綿とミックス(混綿加工)して、仕立て直しをされることをお勧めします。

打ち直しによる仕立て直し  

布団 1枚 150cm×200cm 側生地 サテン地・(裏地)・打ち直し・仕立て代込み

                         当店指定柄使用            限定特別価格  ¥9,100より
                                                          
(税込¥9,828より
布団 1枚 102cm×200cm 側生地 サテン地・(裏地)・打ち直し・仕立て代込み

                         お好きな布団の柄を選んで 
     限定特別価格  ¥10,700より
                                                          (税込¥11,556より


特殊加工 による仕立て直し

カード加工 さらに120℃熱風・殺菌乾燥加工付き
ふかふかな
テトロンのデラックス綿をプラスする事も出来ます!

掛布団 1枚 150cm×200cm 側生地 サテン地・裏地・・足し綿(テトロンDX.)可能! カード加工打ち直し・仕立て代込み

                         当店指定柄使用            限定特別価格  ¥11,500
                         お好きな布団の柄を選んで 
     限定特別価格  ¥13,100

敷布団 1枚 102cm×200cm 側生地 サテン地・足し綿(テトロンDX.)可能! カード加工打ち直し・仕立て代込み

                         当店指定柄使用       
      限定特別価格  ¥12,500
                         お好きな布団の柄を選んで      限定特別価格  ¥14,100


※身長や体型に合わせてロングサイズやセミダブルサイズ・ダブルサイズ等のご注文もお受け致します。

下の図は、新しい敷布団  3年間使用した敷布団、そして、腰痛を引き起こしやすくなった 7年間使用した敷布団 です。

敷布団で3年以上使用していると、その硬さに使用している方の体が慣らされてしまい、固い布団でないと眠れなくなり、
その結果 腰痛を引き起こしたり、肩や腰の筋肉を刺激してしまい、眠りも浅くなり、疲れが取れ難くなって しまいます。 
熟睡して、快適な睡眠を取るには、寝た時に、背骨を真っ直ぐに伸ばすことの出来る、適度な弾力性が必要なの
です。


今、ご使用の羽毛 掛ふとんを、お手軽に新しく!
古い羽毛布団が新品同様に蘇ります

MENU

Top page

   ト-タル寝具ショップ 
      
  
理想の敷布団と言われる [木綿わたの手作り敷布団] の場合でも、一年を通じて毎日 使用するものですから、知らず知らずのうちに 中わたが ヘタリ出し、粗1000日で 理想的な硬さや バランスが、崩れだす時機となります。それ以上(敷布団で3年以上)使用していると、その硬さに使用している方の体が慣らされてしまい、固い布団でないと眠れなくなり、その結果 腰痛を引き起こしたり、肩や腰の筋肉を刺激してしまい、眠りも浅くなり、疲れが取れ難くなって しまいます。 熟睡して、快適な睡眠を取るには、寝た時に、背骨を真っ直ぐに伸ばすことの出来る、適度な弾力性が必要なのです。当店では、30年程前から次回の仕立て直し(中わたを打ち直して、新しい側生地に付け替える加工)の目安となる、ラベル表示を行い、定期的なお手入れ(仕立て直し)の重要性と共に、リサイクルの意識を高めて戴く工夫をしています。又、オ-ダ-メイドの証である、店名を同ラベル裏へ明記して有ります。 

人が寝た時に、敷布団に掛かる体圧の分布として、一般に その体の部位に占める重さの割合は"頭部 8%  胸部 33%  腰部 44%  足部 15%” と、云われています。
中わたを、理想的な体圧が掛かるバランスや硬さに保つことが安眠に最も必要です。
 熟睡して 快適な睡眠を取る為にも、定期的なお手入れをお勧めいたします。

 上記の画像は、いずれも3年間使用し続けた 当店特製「手作り木綿敷布団」「既製品(羊毛混)敷布団」の敷布団の中央部分の断面から耐久性の違いを比較したものです。

 「既製品(羊毛混)敷布団」では、使用し始めて
 3ヶ月を経過した頃から急激に厚みが無くなり始め、6ヵ月後には、体圧の掛かる布団の中央がすでにペチャンコの状態で、3年間も無理をして使用していると、全体的にペチャンコになります。布団の中心部分に、型崩れを防ぐためのウレタンが内蔵されているため、辛うじて膨らみはあるものの、ウレタン部分が2~3cm、外層の綿の部分では、2cm程しか厚みがありません。布団の中央では、外層の綿の部分とウレタン部分を合わせても、3~4cmの厚みしかなくなっていることが、分かります。

 それに比べて 当店特製「手作り木綿敷布団」では、全体的に厚みが無くなってきてはいるものの、体圧の掛かる布団の中央部分は、12cm~14cmと、まだ、しっかりと体を支えることが出来ます。しかし、使い始めて3年を経過した頃から、理想的な寝姿勢を作り出すことが出来なくなってきているため、仕立て直し(打ち直し)が必要に成ります。

(左側)              (右側)

新しい敷布団          7年間使用した敷布団           

(左側)              (右側)

新しい敷布団          3年間使用した敷布団           



卓越技能章・現代の名工
 全技連 マイスター
 東 京  マイスター
 一級寝具製作技能士
      野 原  久 義
      

布団の仕立て直し

[ 敷いて 3年、 着て(掛けて) 5年 ]
 洗浄 ≫ 乾燥・冷却 ≫ 羽毛の取り出し ≫ 除じん ≫ 計量 ≫ 
      ≫ 羽毛の補充 ≫ 新しい側生地のセット ≫ 仕上げ ≫ 出来上がり


羽毛布団のリフレッシュキャンペーン

Aコース       柄おまかせ・色・サイズ指定コース

                      (S)       限定特別価格  ¥25,000より
             
      (D)      限定特別価格  ¥35,000より

Bコース      
超長綿サテン超ソフト生地使用コース

                   
(S)      限定特別価格  ¥40,000
               
   
(D)      限定特別価格  ¥50,000

Cコース      超長綿サテンシルキーソフト加工超ソフト生地使用コース

                   
(S)        限定特別価格  ¥45,000
                    
                        (D)         限定特別価格   ¥60,000
お手入れ時機の目安として、[千夜一夜の お手入れ] といって、毎日使用する敷布団では、1000日に一度(約3年 *掛け布団では、約5年)仕立て直しをするのが、理想とされて来ました。