手作り布団は、こんなに すごい

 一口に布団と言って 皆さんが思い浮かべるのは、掛布団·敷布団·座布団等で、「中わたの材質が異なるだけで 何処で購入しても変わらない」と、お思いでしょうが、実は、布団には、中わたを均等に重ね合わせる成型機で大量生産で作られた機械入れの布団と、一枚一枚 丹精込めて 仕立て上げた [手作りの布団] とに分けられます。
 成型機で作られた機械入れの布団では、全体的に 中わたの厚さが均等に入っている為に、毎日使用する敷布団では、体圧が中央に集中し、布団の中央が、すぐに凹んでしまいます。
 ところが、手作りの敷布団では、全体を かまぼこ型に 仕立て上げているため、体圧が中央に集中しても、中央部分だけが凹むような事は、有りません。
 しかし、手作りの布団の場合、製作者の技術や その仕立て方で、布団の仕上がりが、大きく左右されて来ます。そのため、何処で購入しても変わらない··というものでは、無いのです。

 当店では
、・(社団法人全国技能士会連合会 マイスター (東京優秀技能者章) 東京マイスター・(卓越技能章) 現代の名工 の称号を持つ 一級寝具技能士 野原久義 が、皆様一人一人の体型や寝室の形状・種類・ライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの手作り布団を 独自に開発・考案した高度な製作技術により、布団に掛かる体圧を考慮し 微妙なバランス調整を施しながら、妥協を許さない強い姿勢と、優れた製品を製作しようとする情熱と、製品の完成度を高める工夫と技術で、1枚1枚 丹精込めて 製作を行っています。
 質の良い快適な眠りを実現して頂くためにも、弾力性・保温性・通気性・吸湿性・排湿性の全てを
最もバランス良く持ち合わせた、環境に優しい植物性の健康寝具、[マイスター製作の手作り木綿布団]  お勧め致します。

       睡眠について
 お悩みの方は、お気軽に ぜひ当店へ ご相談下さい。  




             
保管する時には、三つ折に畳み込みます。角がピンと張り上がり、極めて優れた製品に仕立て上がっているのが、ご覧いただけます。
当店(標準仕様) 手作り敷布団の完成品です。
布団の中綿の仕立て上がり完成品です。斜めにして見ると、向かって左側より中央にかけて、微妙に綿が厚く入れられているのが分かります。これは、左側を頭にして寝た時に、背骨を理想的なバランスに真っ直ぐに伸ばして、快適に熟睡出来る姿勢にする為です。
当店の手作り布団は、私(野原久義)が、全て、丹精込めて1枚1枚仕立て上げます。

布団作りの基本は、綿入れ作業の時に、台張りを縦方向と横方向を交互に重ね合わしながら製作して行く事が必要とされています。
 ところが、単に基本通りの綿入れ作業では、決して耐久性の有る布団を製作することは出来ません.

※交叉台張り・・・従来の、単に布団わたを縦方向と横方向に重ね合わせて製作する方法とは異なり、複雑に縦方向と横方向の組織に絡み合わせて、綿を削ぎ合わせながら製作する方法です。

電動ベットの上に敷いて使用するタイプで、人と環境に優しい木綿わたの手作り敷布団です。枕を内蔵して製作しているので、人の手を借りずに寝ている本人自身でボタンを押し、簡単に体を起こすことが出来ます。

左図の敷布団は、当店オリジナル最先端技術で製作された、人と環境に優しい植物繊維・木綿わたの介護ベット用手作り敷布団です。



卓越技能章・現代の名工
 全技連 マイスター
 東 京  マイスター
 一級寝具製作技能士
      野 原  久 義
      



 上記の画像は、いずれも3年間使用し続けた 当店特製「手作り木綿敷布団」「既製品(羊毛混)敷布団」の敷布団の中央部分の断面から耐久性の違いを比較したものです。

 「既製品(羊毛混)敷布団」では、使用し始めて
 3ヶ月を経過した頃から急激に厚みが無くなり始め、6ヵ月後には、体圧の掛かる布団の中央がすでにペチャンコの状態で、3年間も無理をして使用していると、全体的にペチャンコになります。布団の中心部分に、型崩れを防ぐためのウレタンが内蔵されているため、辛うじて膨らみはあるものの、ウレタン部分が2〜3cm、外層の綿の部分では、2cm程しか厚みがありません。布団の中央では、外層の綿の部分とウレタン部分を合わせても、3〜4cmの厚みしかなくなっていることが、分かります。

 それに比べて 当店特製「手作り木綿敷布団」では、全体的に厚みが無くなってきてはいるものの、体圧の掛かる布団の中央部分は、12cm〜14cmと、まだ、しっかりと体を支えることが出来ます。しかし、使い始めて3年を経過した頃から、理想的な寝姿勢を作り出すことが出来なくなってきているため、仕立て直し(打ち直し)が必要に成ります。

  快適にお使い頂くために、定期的な お手入れをお勧めいたします。

 定期的なお手入れは、”敷いて(敷布団で)3年、着て(掛布団で)5年 です。

   ト−タル寝具ショップ 
        

MENU

手作り布団の製作における作業工程の中で、非常に重要な綿入れ作業では、独自に開発・考案した 高度な製作技術により、微妙な細かいバランス調整と共に、従来の製作技術で作られた製品と比べて、よりカタ崩れしない耐久性のある製品として中綿を作り上げ、個人の体型や寝室の状態とそれぞれのライフスタイルに合わせ、厚さ、硬さ、サイズ等を考慮し、一枚一枚丹精込めて完全オーダーメイドで製作しています。

耐久性を比較する為に、実際にふとん干しの時のように、吊り下げてみます。
(左側が当店オリジナルの”交叉台張り”&"おくりかえし包み"で製作、
 右側が基本的な技術で製作された敷布団の中綿の完成形です。)

左側、当店で開発・考案した”交叉台張り”により製作された布団わたは、基の状態のまま吊下がっています。
右側、基本通りの綿入れ作業による布団わたは、ひどく崩れてしまいました。

通常、ふとんを干す時には、側生地が回りに被さって居り、中綿の状態で干す事は有りませんが、このような過酷な条件下でも崩れない製作技術で作られている事に、ご注目下さい。
使用される方のライフスタイルに合わせて最先端の製作技術”交叉台張り””おくりかえし包み””右手順かえし”等を駆使し、オーダーメイドで製作しています。

上図、左側が当店オリジナルの”交叉台張り”&"おくりかえし包み"
右側が基本的な製作技術で作られた敷布団の中綿の完成形です。
一見、見た目では、まったく見分けがつきません。

当店で製作される手作り布団は、すべて当店オリジナルの最先端の製作技術”交叉台張り”&"おくりかえし包み"で作られています。

手作りふとんでは、中綿の製作技術で寝心地が大きく左右されます。
手作りふとんの中綿の製作では、全体的に蒲鉾(かまぼこ)型になるように仕上げて行きます。
当店で製作された、標準仕様の「手作り敷布団」
通常、一般に一番多く市販されている羊毛混敷布団(機械入れの布団)
手作り布団(木綿敷布団)
機械入れの布団(羊毛敷布団)