当店が 開発した くけ留め針 を使用した円型座布団の製作




 円型座布団における綿作りでも、布団わたを それぞれの形に作り上げてから側布地に密着させ、仕立て上げます。





 従来の口くけ作業では、くけ始めと、くけ終わりの部分は、布地がバイヤス状になっているために、どんなに慎重に くけを施しても、くけ口が波のように 所々、とんがってしまいます。









 当店で開発した ”くけ留め針”を使用して、
口くけ作業を行います。





 ”くけ留め針”を使用することで、口くけが真っ直ぐ きれいに仕上がり、とんがりや シワも まったく無く、ミシン目のように 細かく仕上げることが出来ます。
どの部分が、くけ口かが、まったく分かりません。



 中央の房を、持ち上げた状態です。
見事に水平に吊りあっているのが、見て取れま
す。
 均等な中わたの仕上がり状態と共に、真中心に
とじ上がっていることの証明です。
 単に丁寧に製作するだけでは実現出来ない、
非常に完成度の高い製品に仕上がっている
ところに、ご注目下さい。
人づくり・ものづくりフェア東京(東京都立産業貿易センター)での、製作実演です。


卓越技能章・現代の名工
 全技連 マイスター
 東 京  マイスター
 一級寝具製作技能士
      野 原  久 義
      
厚生労働省ものづくりマイスター

   ト−タル寝具ショップ 
      
  

MENU

Top page