一級寝具技能士  野原 久義
                    健康の三本柱と睡眠の重要性 

 健康で生き生きした生活を送るために必要な、健康作りの三本柱である-睡眠·食事·運動-このうち、疲労回復の手段として、最も大切なものと言えば、睡眠-です。 食事や薬による栄養補給も、疲労回復の一つの手段では有りますが、”睡眠”に勝る疲労回復法は有りません。

 疲労回復”健康維持”に欠かせないものが寝具であり、とくに、その睡眠に必要不可欠な”布団”は、人生の三分の一という長い時間、お世話にならなくては ならない物ですが、それほど大切な寝具についても、いまだに多くの人たちの中では、寝具は、単に寝られれば良いのだと、考えている人が多いのも現状です。食べることと並行して、寝ることは、切り離すことの出来ない係わりを持っていて、共に重要なことで有りながら、なぜか今日に至っても、寝具について、一般的に
 その知識を得る機会が無く、学校教育機関等でも、全く無視されている ということは、実に不思議な気さえいますし、布団が、粗大ごみの第一位を占めているのも、動かし難い現実で有ります。布団を使い捨て感覚で考えている人が 増えてきているのは、地球温暖化を考える上でも、見直しが必要です。
 ストレス時代と言われる今日、疲労回復の手段として最も大切な睡眠は、特に重視されなければ成りません。要は、熟睡する事、質の良い快適な眠りを取ることこそ、”健康の源”と云えるのです。

 現代社会においては、十分な睡眠と休養で活力を蓄える事により、ストレスの1つや2つが重なっても跳ね除ける事の出来る、生活スタイルを実現することが必要です。理想的な睡眠時間としては、6.5時間~7.5時間がベストとされていますが、高年齢の方や眠りが浅いと感じる方は、睡眠時間を長めに取る工夫も必要となります。又、受験生における睡眠時間では、従来
 4当5落とさえ言われてきましたが、現代では、記憶を長時間持続させる意味でも、睡眠の重要性から、6当4落と云われています。覚えなければならない数式や年号を長時間記憶させるのには、寝る前に勉強をするのが良いとも言われています。

 眠気を感じた時には、仮眠を取るとスッキリします。では、仮眠は何分位が適度なのかと申しますと、ノンレム睡眠に入る前に目を覚ます必要が有る事から、15分程度が一番良いとされています。

 布団に入り、眠りに付いてから30分~40分でノンレム睡眠に入ります。その時体温が上昇し、寝汗をかきます。その後
 1時間を経過するとレム睡眠の状態に入り、体温が下がり出します。その後、ノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返される分けですが、そうした中で使用する寝具の吸湿性や保温性の違いで、睡眠の質が左右されるのです。
 睡眠は、使用する布団の、十分に機能が整った状態の上に、
快い安眠が保たれるものです。 


卓越技能章・現代の名工
 全技連 マイスター
 東 京  マイスター
 一級寝具製作技能士
        野 原  久 義
      
厚生労働省 ものづくり マイスター

MENU

   ト-タル寝具ショップ 
        
 枕が変わると眠れなくなる原因として、二つの理由が考えられます。

 私たちの体には、交感神経と副交感神経という二つの自律神経が有ります。昼間は交感神経が活発に働いて私たちの活動を助けてくれているのですが、反対に夜は副交感神経の活動が盛んになる事で、休養をもたらしてくれています。寝室の環境が変わることで眠れなくなる場合は、交感神経から副交感神経へのバトンタッチがスムースに出来なくなる事で、精神的な緊張がなかなかほぐれにくく、そのために寝付けなくなってしまうことになります。
これを防ぐには、出来るだけ早く精神をリラックスさせる事が必要です。適度な運動や、入浴の工夫、寝酒の利用等、自分に合った睡眠の方法を知って置く事が大切です。

 もう一つの理由としては、寝具が自分に合っていない事が考えられます。
敷布団が硬過ぎたり柔らか過ぎたりする事で、背骨のバランスが崩れて体の筋肉を刺激してしまい寝付けなくなったり、文字通り枕の高さが自分に合っていない事が微妙に影響してしまう事が有ります。

 当店では、皆様一人一人の体型やライフスタイルに合わせて1枚1枚オーダーメイドで手作り布団を製作しています。

 快適な眠りは、耐久性・吸湿性・保温性・適度な弾力性と質の高い寝具を使用することで実現いたします。

 

 現代社会には、過剰な情報、複雑化する人間関係等、ストレスの要因となるものが数多く、気付かないまま過労になっている場合が良くあります。

こんな時には、疲れたからといって すぐに布団に入らず、軽い運動やぬるめの風呂にゆったりと入る等、気分転換をしてから寝ましょう。
ぐっすりと眠れ、質の良い睡眠が取れます。


ベビーサイズ 手作り敷布団 子供が寝ていて、うつ伏せ寝になった時にも配慮した、安全性の高い製品に 仕上がっています。
標準仕様 手作り敷布団
新生児仕様の為、うつ伏せ寝になった時にも考慮した、安全性の高い製品に 仕上がっています。
当店特製木綿わたの手作り布団(サークルベット用敷布団)です。